金さん72歳(年男)の冬 雪と車社会

寒波もようやく一服、
昨日は久しぶりの青空、太陽もふりそそぎ一面真っ白で
景色は最高だった。

本当に気持ちの良く心も弾んだ、
朝からご近所みんながスコップやスノーダンプなどを手に
外に出て、除雪サンデーとなった。

勿論我が家も、明るくなると同時に玄関先から、駐車場など周辺を除雪
今日も朝から青空がのぞいたが、道路はカチカチに凍っている。

最近吹雪などで運動不足気味なので、家の周辺を歩いてみた。
幹線道路は除雪が進み車はスイスイ走っている。
しかしすぐ脇の道路はガタガタで狭く軽四輪車は大きく揺れながらノロノロと走っている。

滑って転ばないよう気をつけながら歩き始めたのは良いが、人の歩くところがない
歩道は除雪した雪でいっぱいで歩けない、交差点も雪で渡れない・・・
「日本はやっぱり車優先社会だ!ヨーロッパとは違う」 とひとり文句を言いながら
車道の端をトボトボと歩いた。

歩いて始めて分かって、雪道は絶対に歩行者は右側通行で道路の端を歩くことだ
前からくる車を見ながら狭いところでは足を止めて車を避ける事だ。
子供でも知ってる日本での右側歩行、その大切さを改めて知ることとなった。

72歳の誕生日を機会に車社会から、自分の足で出来るだけ歩くようにしようと
心を決めた。  歩け歩け健康とエコな暮らしの為にも・・・
今日も霊峰白山が遠くの雲間にちらっと見えた。

大雪に感じる 自然と人

大雪だ!
朝起きて玄関のドアを開けてビックリ!
数年ぶりの雪、庭に出らないくらいだ、
まだ暗い空から次から次へとかなりの量の白い粉雪が舞って落ちてくる。

午前中に予定していた近くの体育館でのポールを使って歩く
ノルディックウォーキングの体験会を中止市の担当者に伝える。
除雪しないと道路は積雪で車は走れないので仕方ない。

食事を済ませるとすぐに自宅周辺の除雪作業にかかる。
近所のあちらこちらから人が出てきて自宅の前を除雪する
雪国ならではの共同作業だ、この時普段言葉をかわす機会のない
ご近所さんとも話が出来る。
 久しぶりによう積ったね・・・なかなか除雪車来ないね・・・

今日は一日除雪作業だった。とても疲れた。
自然の力はすごい、つくづく人間の非力さを思う
これだけ文明が発達し、自動運転も可能な便利な世の中になったのに
電車も車も動かない、自然がひとたび牙をむくと手の施しもない・・・・
緊急な事がなければ、こんな時はじっと家にいるのが一番かも?

午後からは雪も止み真っ白な田んぼの遠くに霊峰白山が顔をのぞかせた。

2018年 こころ新たに再始動! 

謹賀新年

 皆様方のこの一年の健康とご活躍心より祈念いたしております。
石川の金さんも数年ぶりでブログでふるさとの情報と金さん日記を書きます。
あらためてよろしくお願いします。

石川の金さんは戌年生まれ、今年は年男(72才)いつの間にか老人の仲間入りか・・・・
サラリーマン定年後【白山のマグロ】とあだ名されるぐらい、仕事(自営業)と
道楽(地域活性化各種ボランティア活動)に現役時代より休みなく多忙に動き回り
昨年春、急に体調を崩し自宅で倒れ救急車で緊急入院2ヶ月近く入院、

若さと行動力がとりえだったがあらためて自分の歳を感じ、
日常の何でもない当たり前の平凡な生活の大切さを身をもって知ることになった
私にとって大きな変化となった年だった。

無理せず年相応に楽しく暮らすため、仕事や多くの地域団体のの世話役も降り、
家族や地域社会に迷惑をかけず自立し、仲間と趣味を楽しみながら
第3の人生を歩みたくブログも再開しました。

今日は寒波襲来で一日雪、朝久しぶりに雪かき健康に留意し頑張ります。
よろしくね

 

白山の里の冬晴れ

今日から2月、昨日に引き続き朝からふるさと石川は見事に晴れ上がり、朝の散歩は田んぼの硬く固まった雪の上を歩いた。
遠くに白山がくっきり見え、誰の足跡もついてない雪のうえをサクサクと音を立てながら歩いた。
昨年スイスのスキーで怪我してから少し運動を自重し、このところ運動不足気味だったので最近歩くことを再開した。
歩き終えると本当に気持ちが良い、何年かぶりにブログもこうして書こうと言う気にもなった。
人間は500万年位も前から自然の中で暮らしてきたから、やはり田舎の自然の中で暮らすほうが気持ちも落ち着くことが実感として
感じるようになった。若い時見逃していたことが見えることも多い。自分の住むふるさとを大切にし、田舎をもっと楽しもう!

白山麓にも春の訪れ

【石川の金さんふるさとだより】
山麓は例年に比べ雪が少ない冬を体験し、田畑のあぜに道にはフキノトウがいっぱいです。
農家の田起こしもぼちぼち始まりました。


【TH21だより】
イベント案内(3/9〜3/15)
3月10日(火)13:30〜15:00 白山郷体育館
 筋トレ教室 A1チーム (世)河野さん
●3月11日(水)13:30〜15:30 白山郷体育館
 第1回卓球教室 A4チーム (世)井上さん
●3月15日(日)9:30〜11:30 パーク獅子吼  
 自然ウォーク(早春の樹木公園周辺)B1チーム (世)太田勇さん

☆予約不要 現地集合

◆イベント予告
4月22日(水)より【ふるさとガイド養成塾】始まる受講生募集中!

TEAM(チーム)はくさん21を新結成

isikawanokinsan2009-03-09

自然と健康のまちづくり推進ボランティア団体
TEAM(チーム)はくさん21
を1月24日に発起人72名でふるさと白山市のパーク獅子吼に本部事務局を置き結成し、活動を開始しました。
21世紀の新しいライフスタイルを考え、やがて本格化する、少子高齢化時代に備え“自分の健康は自分で守り、より前向きに積極的に生きよう”明るく元気なふるさとづくりを目指し新たにスタートします。

石川の金さんはさらに頑張ります。

中国と越の国(こしのくに)北陸について

isikawanokinsan2008-08-08

今日午後8時(日本時間9時)から北京オリンピックがいよいよ始まるが、この中国、何んだかんだと騒がれているが、今や世界の大国にのし上がった国である。
今日はこの中国と北陸とが極めて深い関係にある事を少し書いてみたい。


私は歴史文化は大好きで、今でも地元の歴史研究会に所属したり歴史の本を読みあさっているが、日本の歴史の中で何と言っても誰もが面白いのは戦国時代だろう、室町時代の末期の下克上の時代各地にいた戦国武将たちが日本のリーダーを目指し、お互いが命を懸けながらあらゆる手段を駆使し戦った『国取り物語』そしてその覇者として、織田信長豊臣秀吉、そして戦国時代の最終の覇者徳川家康へと続く時代絵巻は誰でもが知るところである。


それより少し時代がさかのぼり、平安末期に武士団が形成され、源氏と平家の二大勢力が日本を二分して戦った時代も当時のスーパースター弁慶、義経伝説と共に男性には人気もあり、最近では源平の時代や戦国、そして江戸時代などを生きた女性にスポットが当てられテレビ等でも人気になる事も多くなった。


歴史に興味を持つと、だんだん時代をさかのぼる様になり、古代さらには神話の世界にまでたどり着く、私も今は卑弥呼の時代やさらには人類の誕生や古代文明に興味が移ってしまったようである。多くの本を読んでもこの時代はなぞだらけ、学説もいろいろあるようで学者の間でも論争がある位だから、まったく素人の私が混乱するのも当たり前である。何しろ誰もその時代を見た人はいないから仕方ないとも思う。


その時代の人間の生きる知恵や必死さには驚かされる。生きる事がそれだけ難しく、毎日が常に“死”と隣り合わせの生活、自分で身を守り生きるしかない。いわゆる今で言う『自分の行動の全ては自己責任』である。
今の世の中のように何でも『他人のせい』にしてなど、とても生きてはいけない時代なのである。果たして今の人間でその時代を生きれる人間は何人いるかな?つい考えてしまう。


話は脱線したが、北陸の事は古くから越前・越中・越後と呼ばれているが、これはいわゆる“越(えつ)の国”から始まっているようで、古くは中国の春秋時代(紀元前500年前、日本の縄文時代)に“越(えつ)”揚子江(長江川)の南に登場する。川を挟んで対面に呉(ご)、そして内陸部に楚(そ)など多くの部族が中国大陸に展開しお互いが戦う戦国時代へと突入する。越王はライバル呉を滅ぼし、その越は又楚に滅ばされる。(長江時代) そしてその楚もやがては泰に滅ぼされる。
あの広大な中国大陸を最初に統一したのが、あの有名な<万里の長城を築いた秦の始皇帝と言われる。ちなみに呉越同舟の言葉が生まれたのもこの時代の中国歴史からだと言われている。


“越(えつ)”の民族は優秀で、当時すでに製鉄の技術を持っており、航海の技術にも長けていたとも言われている。楚に攻められ揚子江の海岸線まで追い詰められた多くの越の人たちは船で海に逃れた対馬海流にうまく乗れば2〜3日で日本に流れ着くとも聞くが、ほとんどは日本海沿いの九州(博多)、島根(出雲)、そして北陸(敦賀能登)、新潟(佐渡などに流れ着いたと思われる。
 

九州を除けばいずれも日本海沿いの豪雪地帯、山に囲まれた北陸は昔から閉ざされた地区であり、そのことから考えるにその多くは北陸に住みつき、故郷と同じ越(えつ=こし)の国を造ったと推定だきる。その後朝鮮半島新羅高句麗などともかなりの交流があり、大陸の文化や技術などが伝えられ、まさに当時は日本の表玄関として各港は大いに栄えたのであろう・・・霊峰白山が航海の指標となり、多くの船乗り達に航海の安全を祈願する神として崇拝されたのはこのためでもある。(平安時代には当時の都人の和歌にも越の白山は多く詠まれた。)



氷河期日本海北部(能登半島近くまで)は厚い氷りにおおわれ、その上を多くの動物達が大陸から渡ってきて住みつき、それを追ってまた人間も日本に渡ったようだ。一方南方からは海流に乗って人々が日本に流れつき定住したと言われている。我々日本人、いずれもアジアに多く分布するモンゴライド(一般的なアジア人)たちの血(DNA)を引きついでいると言わざるを得ない。


今、中国がとやかく言われているが、北朝鮮などと共に政治体制の違い等より、我々日本人には理解しがたい事が起きるが、広大な中国大陸の4000年の歴史を考えてみると、中国は漢民族とは呼ばれるが多くの部族(自治区)が存在し、長期に統治する事は難しく、いずれは独立、分離するとの気もしてくる。
他国の事は良いにしても、平和にあぐらをかき自己の権利がかり過度に主張し、反面他人に頼らなければ生きていけない我々日本人も、そろそろもう一度自分達の生活の足元を、しつかり見直す事も必要なのではないだろうか?・・・


今はただ平和の祭典、北京オリンピックが平穏に終わること祈る。


★日本の伝統文化を学ぶアジアの留学生たち (世界遺産白川郷にて)


★中国を知る為のHP・・・・http://www.chinavi.jp/rekishi.html
            http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%81%AE%E6%AD%B4%E5%8F%B2
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆くつろぎの広場
・夫婦して、去年もポカンと花火みた。
・交番で、尋ねてみるか人の道
            
                    (ぼけせん川柳入選作より)

☆歳時記
・秋たつや、川瀬にまじる、川の音   【飯田蛇笏】